今流行の酢しょうがについて

こんにちは。

今日は東加古川院受付が担当させて頂きます。

 

今回は「酢しょうが」についてのお話です。

 

テレビで酢しょうがを10日間食べたら血管年齢が17歳も若返ったと放送されていましたのでさっそく私も毎日食べ始めました。

「酢しょうが」とは名前の通り、酢にしょうがを漬けたもの。

作り方も簡単でごはんの上にかけたり、味噌汁、うどん、コーンスープ、カレーなど何にでもかけることができます。しかも美味しいです。

 

しょうがには抹消の血管を開いて血流を良くする、保温効果、お酢の働きを倍増するなどさまざまな効果があり、お酢には血液中の中性脂肪、コレステロールを抑える働き、老廃物を除去し血液をサラサラにする効果があります。さらに代謝をアップさせる働きもあるので肥満を防ぎダイエット効果にも期待できます。

そんなしょうがとお酢が組み合わさった「酢しょうが」はまさに最強の調味料です。

 

また温かいものに加えることでしょうがのショウガオールという成分が増えて基礎代謝を上げる効果が高まり冷え性に効果的です。しょうがのシンゲロールには抗酸化作用があり、老化予防、がん、生活習慣病などを予防してくれ、さらに免疫力を上げたり、コレステロール値を下げる効果も期待できます。

 

毎日どの料理に酢しょうがをかけようかなと食事が楽しみです。私のおすすめはコーンスープです。甘いものにも合うのです(^_^)

皆様もぜひ試してみて下さい。

 

作り方

① しょうが100gをみじん切りにしてビンの中へ

② ①のビンの中に黒酢を100㏄を注ぎ入れる

③ はちみつ20g入れて混ぜる

④ 1日つけたらできあがり

 

1日量は大さじ山盛り1杯が目安です。

無題

Comments are closed.