暑い時期の入浴について

こんにちは。

今回は元町院のエステティシャンが担当させていただきます。

 

処暑を過ぎても猛暑は収まることなく、残暑厳しい毎日です。

冷房や汗をかいたりで、体が冷え、自律神経が乱れたり、体調を崩しやすい、この季節の入浴は、半身浴がオススメです。

images

暑いので、シャワーで済ませたいところですが、それでは体の中に溜まっている冷えを出すことはできません。

また、汗やテカリによる皮脂は、黒ずみやザラつきの原因になります。

毎日でなくても、湯船に浸かることにより、血流を良くし、肩こりや腰痛を軽減し、お肌を健やかに保つ効果があります。

 

半身浴は、38℃くらいのお湯に15~20分入ります。(みぞおちくらいまで浸かります。)

汗をかくので、水分補給を忘れないようにします。

ぬるめのお湯は、リラックスする為の副交感神経を刺激するので、気分を落ち着かせ寝つきも良くなります。

お風呂に入る時間は、早すぎたり、寝る直前にならないよう、就寝の1時間前までが適しています。

入浴後のお肌は、乾燥しやすくなるので、保湿効果のあるもので補います。

夏バテの症状やお肌のダメージの出やすい時期ですので、是非、試して頂けたらと思います。

 

Comments are closed.