節分~大豆イソフラボン

皆様、こんにちは。

今回は元町院の受付が担当させて頂きます。

 

まだまだ寒波が続く毎日ですね。

真冬並みの寒さで一気に寒くなり、気温の寒暖の変動が大きいため今現在流行っているインフルエンザにかかる方も多いようです。きっちり体調管理、手洗いうがいは欠かせませんね。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

少し早いですが、2月3日は節分ですね。

節分は文字通り、季節を分ける日です。立春の前日が、節分となります。

昔は寒い冬から暖かい春になる立春を一年の境として考えられていたそうで、その立春の前日を

今で言う大晦日のように考えられていました。一年のスタートを迎える前に次の年も元気で笑って幸せな一年になるように。と願いを込める行事だそうです。

季節の変わり目には、邪気(鬼)が出ると考えられその邪気を追い払う儀式というのがそもそもです。

今回はそんな節分で使用される“大豆”について注目してみました。

 

節分では数え年の数を食べますよね。そんな大豆には体に優しい成分がたくさん含まれています。

大豆(乾燥)には、約30%はタンパク質です。この大豆タンパク質は、必須アミノ酸がバランスよく含まれた良質なものです。大豆たんぱく質には、血中コレステロールの低下作用、肥満の改善効果などの生理機能があるといわれています。

それと、皆様もよく耳にする『イソフラボン』、大豆イソフラボンが女性の体に有用なのは、よく知られています。

大豆イソフラボンには、主にダイゼイン、ゲニステイン、グリシテインの3種類があります。その中のダイゼインが、ある腸内細菌によって代謝され、エクオールという成分になります。

エクオールは女性の健康と美容に大切な役割を果たしている成分ですが、大豆イソフラボンをいくら摂っても

エクオールに代謝できる人と出来ない人がいるのです。

当院でイソフラボンとエクオールを摂取できるサプリメント「エクエル」を販売しています。

大豆を乳酸菌で発酵させて作ったエクオール含有食品です。

「エクエル」の成分は、大豆胚芽(大豆の根や芽になる部分で最もイソフラボンが含まれている部位)の成分とほぼ同じ。年齢問わず飲んでいただけるサプリメントになります。

 

ご興味がありましたら、ぜひお気軽にお問合せくださいませ♪

images

Comments are closed.