美人の体温

こんにちは。今回は東加古川院のエステティシャンが担当いたします。

1957年に測定された日本人の平均体温は「36.89℃」ということで、2008年の調査によると、日本人の平均体温は「36.14℃」まで低下しているそうです。

体温は健康状態と関係しており、ダイエットにも大きく関係しています。

皆様の体温は何℃ですか?

36.5~37.1℃→最も健康的で免疫力、新陳代謝が高く、腸内環境の状態も良い。

36.0℃→低体温予備軍。体内酵素の働きが悪く、だるい、むくむ、手足の冷え、基礎代謝の低下(太りやすくなる)

35.5℃→排泄機能の低下、アレルギー症状、自律神経が乱れ始める。倦怠感、偏頭痛、食欲不振、免疫力の低下(風邪をひきやすくなる)

35.0℃→がん細胞が最も増殖する。

体温が1℃下がると①免疫力は37%低下➁基礎代謝は13%低下③体内酵素の活性が50%低下します。

*体温を上げるための習慣*

・白湯を飲む ・呼吸を整える (吐く息を長く)・良い姿勢を意識する。

・適度なエクササイズを行う ・インディバで新陳代謝を促す。

これらを意識することで体温は正常に戻ってきます。体温が1℃上がると免疫力が5~6倍上がります。さらに、ホルモン(代謝)系、自律神経系も連動してUPしてきます。身体の全体の機能がUPするから努力する必要はありません。当院では体温アップに向けてインディバでサポートさせていただきますので、是非ご相談ください。目指せ美体温36.8℃!!

無題

Comments are closed.