タンパク質でお肌に栄養補給を!

こんにちは

今回は神戸院のエステが担当させて頂きます。

お正月も終わり、お肌にも気をつける時間も少しずつできてくる頃だと思います。この頃は特に乾燥が気になるとおっしゃられるお客様が増えきます。

お手入れで保湿するのは必須ですが、大人の女性は、体の中から潤いチャージで差がつきま

す!毎日手軽にとれるたんぱく質+野菜メニューで、保湿力UP↑!していきましょう。

身体の中から潤いチャージするには、細胞の土台となるたんぱく質をしっかり取る! 

1日に取るたんぱく質は下記それぞれの項目から一つずつで十分です。

*乳製品:牛乳1カップ 又は、ヨーグルト50g 又は、 チーズ15g

*大豆製品: 納豆50g 又は、豆腐120g 又は、豆乳1カップ

*肉魚製品: 豚肉 又は 鶏肉 又は お魚80g

*そして卵1個

たんぱく質食材に含まれているのは

■コラーゲン=細胞にハリを与える

■ヒアルロン酸=細胞内の水分を保持する

■イソフラボン=女性ホルモン・エストロゲンと似た働きがあり、コラーゲンの生成を助ける

■ビタミンB6=細胞の代謝を助け、肌あれを防ぐ

■ビタミンB2=脂質の代謝を助け、皮膚を健康に保つ

■ビタミンA=粘膜を保護して皮膚や髪を丈夫にする。

コラーゲンは皮や骨に多いので、手羽先など皮つきの鶏肉や、魚の水煮缶詰がおすすめ。イソフラボンは大豆製品、ビタミンB6は青背魚やマグロに豊富。乳製品からはビタミンA・B2がとれます。さらに野菜を少しプラスすればグンと効果がアップしますよ!!

是非毎日の食生活でお肌に基礎力を与えましょう!

無題

Comments are closed.