高カカオチョコレート

皆様、こんにちは。

今回は元町院の看護師が担当させて頂きます。

V.Dの時期は過ぎましたが、近年話題に上がっている高カカオチョコレートについてお話させていただきます。

チョコレートの原料として馴染みの深い「カカオ」。

近年はスーパーフードとして注目され、高カカオチョコレートなどコンビにでも置かれるようになり、取り入れやすくなりましたね。

高カカオチョコレートはカカオ含有量が、70%以上のチョコレートとなります。

(一般のミルクチョコレートは35~40%)

≪注目の成分と効果≫

*カカオポリフェノール

⇒動脈硬化・高血圧・認知症・美肌

*カカオプロテイン

⇒便秘

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは、血管内の炎症を和らげ血液を通りやすくする事で動脈硬化や高血圧等を予防出来るとされています。

また、美容やアンチエイジングに効果的な栄養素がたっぷり含まれています。

ポリフェノールは年を重ねるごとに身体が酸化して「錆びて」いくのを止めてくれる効果があります。

赤ワインに豊富に含まれている事で有名ですが、

例えば、86%の高カカオチョコレートには赤ワインの約16.3倍のポリフェノールが含まれています。

美味しくアンチエイジングしたいなら、断然高カカオチョコレートをオススメします!!

女性の大敵の便秘・・・

カカオ豆には、善玉菌のエサとなって腸内バランスを整えてくれる「カカオプロテイン」

という成分も豊富に含まれています。

どれくらい食べたらよいか・・・

1日25g(板チョコ半分程度)

特に朝食べるのが良いそうです。

摂り過ぎてお肌の調子が悪くなるのでは・・・と心配になると思いますが、

それは、チョコレートの脂肪分や糖分が原因です。

高カカオチョコレートにはその心配もないそうです。

高カカオチョコレート25gのカロリーは食パン半分程度のカロリーで太らないのも魅力的ですね。

認知症予防

カカオポリフェノールには、脳細胞の増加に必要とされるタンパク質(BDNF)が増加するという効果があるそうです。

65歳以上になるとどんどん減っていくそうなんですが、脳に良いとされる運動と高カカオチョコレートを組合わせるとなお良し!ということなんですね。

私も楽しみながら高カカオチョコレートを食べて美肌と健康を目指していきたいと思います。

images (3)

Comments are closed.