流行のタピオカについて

皆様こんにちは。今回は、東加古川院の看護師が担当させていただきます。

夏本番で、毎日厳しい暑さですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

早速ですが、昨年辺りからブームの「タピオカドリンク」を皆様一度は召し上がったことはありますでしょうか。

1992年(27年前)に白いタピオカが入ったココナッツミルクが第一次ブームとなり、2008年(11年前)には、黒いタピオカが入ったミルクティーが流行った第二次ブームが到来しました。そして今、タピオカドリンクは第三次ブームを迎えています。

実は、私は2008年のブーム辺りからタピオカミルクティーが大好きで、タピオカドリンクを販売している専門店やコンビニ等で購入して飲んできました。

第三次ブームを迎えたおかげで、タピオカドリンクを販売しているお店も増え、美味しくて可愛いタピオカドリンクを飲めることが嬉しいです。私のお気に入りは、黒糖の味がしっかりとしていてもちもち食感が楽しめるタピオカミルクティーです。お店によって味が少しずつ違うので、色々な味を楽しめますね。

タピオカミルクティーも紅茶の一種ですが、温かい紅茶を入れて朝ゆっくりと飲むのも好きです。

「紅茶」には、様々な有効成分が含まれているのは有名ですね。

紅茶に含まれるポリフェノールには強い抗酸化力があり、活性酸素を取り除くことができます。活性酸素を取り除くことによって、生活習慣病の予防、アンチエイジング効果などが期待できます。

また、紅茶に含まれるアミノ酸の一種であるテアニンには、リラックス効果があります。それに加え、味や香り、紅茶を飲むためのゆったりとした時間などを楽しむことが、リラックス効果や心が豊かになることへと繋がるのではないかと考えられています。

紅茶を飲む前と飲んだあとで、精神的に違いがあるかどうか、脳波を調べた実験報告があります。それによると、紅茶を飲んだあとのほうが、精神的にリラックスしていることが認められ、しかも紅茶の香りをかいだ時点ですでにリラックス効果が表れているそうです。

紅茶にはさまざまな種類があり、茶葉の種類や産地、発酵の度合いなどによって、紅茶ポリフェノールをはじめとする健康に有効な成分の含有量は違います。また、お砂糖やミルクを入れずにストレートで飲む方が、紅茶の効能を最大限に活用できるそうです。

私自身が一番効果を感じるのはやはりリラックス効果です。

好きな飲み物をゆったりとした気持ちで楽しむ時間が幸せで癒やされます…

まだまだ暑い日が続きますが、水分補給をしっかりとされ、お体を大切にして頂き、皆様にとって素晴らしい夏でありますよう願っております。

山田

Comments are closed.