ヒアルロン酸(JWコード)

こんにちは。

院長の山本です。

先日、ブログでご紹介致しました、JWコードのモニターさん症例をご紹介いたします。

JWコード

ヒアルロン酸注入の一番のメリットは美容整形(手術)のようにお顔がピーンとはったり、パンパンになったりと不自然にならずに、自然に若返るという点(他人に治療したことが気付かれない点)です。

治療を受けられた患者さまの感想は、

治療後友達に、「メイクの仕方変えた?どこの使ってるか教えて?」とか「 少し痩せた?」、 久しぶりに会った友人に「 元気そうやん!!」

と言われました♪ などなどです。

たるみしわの予防になる、ヒアルロン酸の効果でお肌も艶々になります。

ナチュラルビューティですね(^^)

写真は現在62才の女性

3年前(当時59歳)に BOTOX 眉間、ヒアルロン酸のウルトラプラスを1本注入し、2週間後のお写真です。注入前のお写真がなくてすみません(汗)

2015.10.17

2年前(当時60歳)にヒアルロン酸(ビスタシェイプ)ウルトラプラスを4本注入し2週間後の経過写真です。

2016.04.02

59歳の頃より、若返っています。

目の下、ゴルゴラインやマリオネットラインのしわが浅くなり、全体的にリフトアップしていますね。

今年(62歳)、JWコード ボリューマを4本注入した写真です。

2018.06.30

ビスタシェイプで、土台がしっかりできているため、JWコードで、輪郭も整い、さらにお顔全体、フェイスラインもリフトアップしています。

また、歳を重ねると、あご、首の付近のたるみがW字に落ちてくるのですが、JWコードをすることによって首のたるみも改善されます。

正面からですと写真ではわかりにくいかもしれませんが、

・当時(59歳)

2015.10.17前

・現在(62歳)

正面2018.6.30jpg

明らかに、59歳の頃初期よりも目の下のシワ、法令線、マリオネットのしわが薄くなり顔のたるみも改善していますね。

実際に拝見すると変化がうかがえます!

ビスタシェイプを続けることによって、年々若返っているように見えます。

このようにヒアルロン酸治療はお顔の老化(しわ・たるみ)改善だけでなく予防効果

まさに予防治療になることが最大のメリットです。

アンチエイジングにビスタシェイプの治療はオススメです。

今週のお花

皆様、こんにちは。

今年は例年よりも早い梅雨明けとなりそうですが、

今週は雨の日が続いておりますね。。。

今週末は七夕ですが、天の川を見ることはできるでしょうか?

七夕、初夏にピッタリな素敵なお花が届きましたよ。

IMG_0052

メインには、

・笹

・るり玉 あざみ(ベッチーズブルー)

IMG_0057

サイドには、

・ひまわり(サンリッチオレンジ)

 

雨のじめじめを吹き飛ばし、元気がでそうなお花ですね!

是非、ご来院の際、ご覧ださいませ。

多汗症のお悩みに

皆様こんにちは。

今回は神戸院のメディカルビューティアドバイザーが担当致します。

最近は気温が高くなり暑くなってきたと思いきや、梅雨に入りさらにじめじめした蒸し暑さが加わり、じんわりと汗をかく季節になってきましたね(><)

通勤時間の満員電車ではハンカチで汗を拭く方もちらほらみられます。

女性にとっては服の汗じみなどが気になり、朝から着ていく服も迷ってしまいますよね!

お気に入りのあの服着たいけど、脇の汗じみが気になって着られない・・・

そうなってしまうのが嫌で、服を買う時からいろいろ考えてしまいますね(^^;

そんな夏のお悩みを改善してくれる治療が当院にもございます!!!

皆様ご存知の表情じわに効果的なボトックスですが、多汗症にも効果を発揮してくれるのです。

汗は体にある汗腺という部分から分泌されるのですが、その汗腺にもエクリン汗腺・アポクリン汗腺の2種類があります。

エクリン汗腺はさらさらとした汗を出しほとんどにおわないのですが、アポクリン汗腺が脂肪や鉄分・アンモニアを含んでいることから菌が繁殖しにおいを発生しています。

この2種類の汗腺はアセチルコリンという神経伝達物質が発汗を促しているのですが、ボトックスにはこのアセチルコリンという伝達物質の分泌を抑制する働きがある為、汗の量と同時ににおいも抑えることができます。

持続期間は3~6ヶ月程度ですので、本格的に暑くなる前に治療していただくのがお勧めです♪

また、日々のケアとしてお使いいただけるデオナールロールオンローションもございます。

こちらはにおいの発生源である黄色ブドウ球菌を減らし、整菌することによってにおいを抑えることができ、フェノールスルホン酸亜鉛等の成分で汗の量を調節してくれます。

・ボトックス(多汗症)・・・・・・・・・40,000円~70,000円(税抜)

・デオナールロールオンローション(40ml)・・・4,000円(税抜)

毎年くる夏の悩みもこれで解決ですね♪

皆様ぜひ一度お試し下さい^^

images

ジャスミンティー

こんにちは。

今回は東加古川院の看護師が担当します。

最近、私がはまっているジャスミン茶についてお話させていただきます。

ジャスミン茶は、ジャスミンの香りを中国茶の茶葉にうつしたフレーバーティーの一つです。爽やかな香りと、スッキリとした味わいが人気のジャスミン茶。おいしいことはもちろんですが、さまざまな美容効果も秘められていることをご存知でしょうか。

・美肌効果

ビタミンC、ビタミンE、ミネラルなど肌の調子を整えてくれるビタミンが豊富に含まれているので、保湿効果や抗酸化作用によって美肌をつくります。

・ホルモンバランスンの改善

ジャスミン茶に含まれるリナロールとファルネソールは黄体ホルモンの不足を補い、女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。

・ダイエット効果

タンニン、カフェインが含まれており、脂肪分解酵素であるリパーゼを活性化させる効果が期待できます。食事中や運動前に飲むことによって、体内に蓄積されている脂肪をエネルギーに変えてくれます。また、利尿作用もあり、体内の余分な水分を排出し、むくみ解消効果も期待できます。

・リラックス効果

ジャスミン茶の原料であるジャスミンの花にはベンデルアセデートという香り成分が含まれています。この成分が右脳を刺激し、自律神経が感じている緊張を解き、ストレスを解消させてリラックス効果を与えてくれます。

・体臭、口臭予防

茶葉には、細菌やウイルスを除去するカテキンが多く含まれ、その殺菌作用で、口臭、体臭を予防します。にんにくなどの臭いの強い食事の時などに飲むと、かなり臭いを抑えてくれます。

いかがでしたか?

普段何気なく飲んでいる方も多いと思いますが、こんなにも女性の味方のお茶だなんて驚きですよね。みなさんもジャスミン茶を日々の生活に取り入れてみませんか。一押しのドリンクです。

神澤

半夏生とタコ

こんにちは。今回は東加古川院受付が担当させていただきます。

今年の「半夏生」は7月2日だそうですね。

関西ではタコを食べるご家庭も多いのではないでしょうか。

半夏生とは、大きく区分される二十四節気とは別に、より細かく季節を区切ったもの(雑節)のひとつです。

こう書くとあまりなじみがないと思われるかもしれませんが、豆まきを行う節分なども雑節のひとつ。

昔の人は現代人よりもはるかに季節の移り変わりに敏感だったのですね。

さて、半夏生はどのような季節をあらわすのかというと、一言で言うと梅雨の終わり、そして農家の人たちにとっては田植えや畑仕事を終わらせる目安の日だったようです。

語源については、半夏(烏柄杓)という毒草が生える頃と同じだから、という説や、半夏生という花(片白草の別名)が咲く時期だから、など諸説あります。

関西では主にタコを食べますが、これは農家が豊作を祈願するためにタコをお供え物として奉納していたことが由来だそう。豊作に海の生き物?と少し不思議ですが、足がたくさんあることにあやかってしっかりと稲が地に根付くように、という思いや、たくさんある吸盤のように作物が実るように、という願いがこめられていたようです。

タコは美容面でも積極的に取り入れたい食材。カロリーが低く疲労回復効果のあるタウリンが豊富なので、どんよりした天気で疲れがとれない梅雨時期にはぴったりなのです。

抗酸化作用も高くビタミンEや血流をよくするナイアシン、肌の健康を保つ亜鉛や貧血を改善する鉄分も含まれています。

噛みごたえもあるので、頬のアンチエイジングにもぴったり……かも!?

半夏生を知らなかった方も、今年の7月2日は昔の人にあやかって、タコ料理を食べてみてはいかがでしょうか。

images