酵素風呂

皆様こんにちは。今回は東加古川院受付が担当させて頂きます。

先日、気になっていた酵素風呂に初めて行ってきました(^.^)

酵素風呂とは発酵した米ぬかやおがくずの中に体全体を入れて発酵熱によって身体を温めるお風呂です。その他にはお湯をためた普通のお風呂に発酵液をまぜて入る酵素風呂がありますが私は発酵した米ぬかやおがくずの中に体全体を入れる方に行きました。

お店の中に入った瞬間独特な香りがし、桶の中に入り店員さんが発酵した米ぬかやおがくずをかけてくれます。ふかふかしているのにけっこう重たく15分も入れるかなと不安でしたが店員さんが5分ごとに様子を見に来てくれるというので一安心。

5分もしないうちに体がポカポカとして汗が出て、10分後にはもう汗が止まらなくなり、12分後にもう無理!と思い終了しました。

シャワーを浴びてびっくり、お肌がツルツルになっていました(*^^)v。

後で調べると15分入るだけで2時間のランニングに相当する発汗量となり、岩盤浴の3倍もなるのだとか。おかげで夜はぐっすり眠れました。

他にもこんな効果があります。

・自律神経のバランスもとれて体調も整います。

・米ぬかには美白効果もあるので入り続ければしみ、くすみにも効果あり

・体温上昇により免疫力アップ

・体の中から温まり、血流がアップすることにより冷え性、低体温、肩こり、腰痛、更年期障害などが改善

しばらく通ってみようかと思います!(^^)!

images (1)

今週のお花✿

皆様こんばんは

毎年この季節にやってくる花粉症に目と鼻とのどが大変な事になっております・・・

年々花粉の量が増え、僅かながらにもアレルギー症状がでている方もいるようですね。年中薬を飲んでいても症状があるので本当に困ったものです(*_*)

さて、今週も素敵なお花を飾って頂きました♪

IMG_2032

正面には、

ピンク雪柳&トルコキキョウ(ピンク)

IMG_2033 IMG_2034 IMG_2035

小さくて可愛らしい花がいっぱい咲いてます(^^)

サイドにも

IMG_2031

トルコキキョウです!

ご来院の際は是非ご覧になって下さい✿

 

 

ヒアルロン酸治療経過ご覧ください!

皆さんこんにちは。

今回は神戸院の看護師が担当させて頂きます。

先日ブログでもご紹介しました、ヒアルロン酸のインジェクションセミナーのモデルの方が約2週間後の経過のお写真を撮りに来て下さいました。

私は直接お目にかかれなかったのですが、対応したスタッフが「とてもお綺麗でした!」と言っていたため、私も改めて写真で見てみると本当にきれいになられていて感動しました。

まず、施術前と2週間後のお写真を比較してみると、、、

(Before)

1 before

(After)

1 after

どうですか?すごくお綺麗ですよね。

詳しく説明していきますと、

(Before)

2 before

(After)

2 after

黄色の点線中の額のしわがなくなっています。また赤い矢印の部分の目のたるみが改善されゴルゴラインや法令線も薄くなっていますね。フェイスラインもスッキリして小顔に見えますね。

そしてお次に横顔です!

(Before)

3 beofre

(After)

3 after

こちらも横顔がシャープになることで若々しい印象になりました♪

(Before)

4 before

(After)

4 after

たるみによってフェイスラインに段差が見られましたが、顎やフェイスラインにもヒアルロン酸を入れることで、段差が改善し輪郭がきれいになりお顔全体が明るくなった印象に感じますね。

自然な感じの仕上がりになり、モデルの方も効果を実感され凄く喜んで頂けたようです。

ヒアルロン酸は注入した直後からも効果を実感できますが、2週間ほど経つとさらになじみ、より変化が見られる治療となります。

今月はこの他にも有名な講師によるセミナーの予定があり、また写真をお見せできればと思っておりますので、楽しみにしていてくださいね。

今週のお花

皆様こんにちは。

2月もあっという間でしたね!

今週のお花は3月に、ぴったりなお花を届けて頂きました。

2019-02-28 08.57.45

*メイン*

*花桃

ひな祭りの起源は季節の節目変わり目に災難や厄から身を守り

よりよい幕開けを願うための節句が始まりとされているそうで

桃には魔除け厄除けの力があるとされ

ひな祭りにぴったりなお花ですね

 

2019-02-28 08.57.54

*サイド*

*チューリップ ロココ

とても可愛いお花が院内を彩っています(^^)

ご来院の際は是非ご覧くださいませ。

コウノトリ

皆様、こんにちは。

2月も終わりに近づき暖かい日も増えてきました。今回は、東加古川院の看護師が担当させていただきます。

気候も良くなるとお出かけされている方も多くなると思いますが、お仕事の方やお家で過ごされている方は、ほっと一息、空を眺めてみるのはいかがでしょうか?もしかしたら、コウノトリに出会えるかもしれません。

今年に入ってから、福井県からコウノトリのりゅう君が明石に飛来してきているようです。今週も当院から、車で10分ほど移動した池にいたそうです。目撃した方の話によると、鶴並みに大きくて、他の鳥と比べると風格が違ったよ。と話していました。見ると幸運が訪れそうですよね♪

コウノトリといえば、兵庫県とは縁が深く県鳥にもなっていますが、1971年に国内の野生コウノトリは絶滅してしまったため、見たことのない方も多いのではないのでしょうか。その後、コウノトリを繁殖させる努力が続けられ、兵庫県をはじめ、福井県、千葉県で、人工飼育で育った個体を自然に返す取り組みがなされました。しかし、環境破壊により絶滅してしまったコウノトリを現状のまま野生に戻しては、以前と同じようになってしまいます。そのため、コウノトリの餌場となる水田(無農薬、減農薬)を増やす等の人と自然の共生活動が行われてきました。現在、野生に生息するコウノトリは142羽といわれています。田んぼの食物連鎖の頂点に立つコウノトリが生息できる環境は、人間にとっても安心安全な環境ですが、地域の深い愛情と努力の賜物だと感じます。

この活動の一つとして、近隣の高砂市にも人工巣塔がある事をご存知でしょうか。高い鉄筋コンクリート柱の頂上部に大きな円台のようなものがついたものです。私も、見たことがあったものの、何のためのものかずっと気になっていました。今回、調べていく中で、コウノトリは松などの大木の高木の上に巣を作る為、コウノトリが栄巣するための塔だと知りました。現在では野外コウノトリの孵化も確認されるようになったそうなので、いつか高砂でも巣作りしてくれる日が訪れるとよいですね。

images