マヌカハニーの効用

マヌカハニーの効果

こんにちは、今日は東加古川院受付が担当させて頂きます。

今年もインフルエンザが大流行しましたね。まだ油断はできない日々です。毎年のことですが、かからないように手洗いうがいと最低限のことは気をつけていますが、集団生活をしていたり、電車通勤ですとどうしても避けられないものだと思います。

そんな中今年はマヌカハニーに挑戦してみました。

マヌカハニーとは、ニュージーランドに自生するマヌカの木の花から採取されるはちみつで、食品としての栄養価も高く、さまざまな効果が期待されています。

マヌカハニーの効能は

○ピロリ菌対策

マヌカハニーには強い殺菌作用が認められており、特にピロリ菌を殺菌できる唯一のはつみつとされています。

○虫歯、口内炎、歯周病

虫歯の原因は虫歯菌「ミュータンス」。マヌカハニーの殺菌作用はこのミュータンス菌にも効果的とされています。菌の働きを抑制することにより、虫歯対策につながります。

○のどの痛み、インフルエンザ予防

殺菌、抗菌作用が強いので予防につながります。近年の研究などではインフルエンザウイルスの増殖を抑制する働きもあると発表されています。

○整腸作用

マヌカハニーには「MGO(メチルグリオキサール)」という殺菌成分が含まれています。この成分は腸内に入ると人体に害を与える菌のみに力が発揮され、悪玉菌を減らすことにつながります。そうなると相対的に腸内の善玉菌が優勢になるため、腸内環境が整います。

○美肌効果

腸内の善玉菌が優勢になれば、体内の老廃物や毒素がスムーズに排出されます。便通がよくなるとお肌のトラブルも起きにくくなり、美肌作りにも役立ちます。

マヌカハニーの摂取には特に決まりはありません。オススメの食べ方は空腹時、小さじ1から大さじ1程度のマヌカハニーを1日3回ほど食べるとよいそうです。お腹がすいている時の方が効果を得やすいといわれています。

その際に注意することが、マヌカハニーをすくうスプーンは木製や陶器製を使う方がよいそうです。金属製のものを入れると、MGOの殺菌能力が落ちてしまうとされています。

いざマヌカハニーを購入しようとすると、色々な種類があり、迷ってしまいます。

表記には「UMF」や「MGO」といった記号と数字が並んでいます。

この記号と数字にはそのマヌカハニーがどれほどの効力をもっているか、ということを表しています。

UMFは、そのマヌカハニーにどれくらいの抗菌作用があるかということを示しています。フェノール水溶液という消毒液と比較しその数値を出しています。数字が高いほど、殺菌効果が高いことを表しています。

MGOは、マヌカハニーに含まれている、メチルグリオキサールという成分の量を表しています。この成分には殺菌作用があるので、この成分の量ということは、どれほどの殺菌作用があるかということにつながり、UMFと同じような意味があります。

そのあとに続く数字が大きいほど抗菌作用が高いとされています。

マヌカハニーには様々な効能があり、高い殺菌・抑制効果を発揮できる食品です。美味しく取り入れ寒い冬を乗り切りたいと思います。

images

今週のお花

皆さんこんにちは。

花粉が飛び始め、アレルギーのある方々にとってはツライ時期になりました。早めの対策をなさって下さいね(^^)

それでは今週のお花をご紹介致します。

IMG_1260

<サイドのお花>

*ラナンキュラス

IMG_1258

IMG_1263

<メインのお花>

*ミモザ、チューリップ(リバースター)

見事なミモザ!ちなみに3/8はミモザの日だそうです♪

その日は「国際女性デー」

(女性の政治的自由と平等の為に戦う日、と提唱した事から国際女性デーと制定された日)

イタリアではこの日を女性の日、として男性が日頃の感謝を込めて母親や奥さま、身近な人たちにミモザを贈る習慣があるそうです。

愛と幸福を呼ぶと言われるミモザを贈られた女性は、髪や胸元に飾り、家事や育児から解放されて女性同士で外食したりして束の間の自由を楽しむとの事です。(^^)

是非日本でも、そんな習慣が根付くと嬉しいですね。

ご来院時にご鑑賞下さいませ。

 

 

 

 

13個の理由?

皆様、こんにちは。 今回は神戸院受付が担当させて頂きます。

実は先日健康診断を受けたのですが、年末年始の暴飲暴食が祟って体重が激増していました。

数年前にダイエットをして、10㎏以上減っていたのにかなりのリバウンド。今年の目標はやはりダイエットです。

毎日の歩く距離を増やす、夕食を控え目にする…あれこれ考えていたところ、週に1回通っている加圧トレーニングのスタジオで興味深い情報を目にしました。人が太るには13個の理由があるそうです。

① 35℃台の低体温

体温が1℃下がると基礎代謝は約12%低下します。そのため、体温が36.5℃ある人と35.5℃の人とでは1日に200~500kcalもエネルギー消費に差が出てくるのです。

② 週1回以上汗をかく運動をしない

忙しいけど充実したスケジュールの人は合間にジムや習い事をしている傾向にあります。逆に暇でやる事がない人ほど、時間があるのに運動はしない人が大半を占めます。

③ 慢性的な睡眠不足

睡眠不足は食欲を刺激するホルモンを増加させ、満腹信号であるホルモンを減少させます。

④ カロリーと栄養の知識が不足

食品のカロリーや体脂肪についての知識が不足していて、カロリーコントロールが出来ていません。知らずに1日に必要な摂取カロリーを越えてしまえば、体重を維持する事は難しいです。

⑤ 良く噛まないで食べる

脳が満腹のシグナルを伝達するのに15~20分はかかるので、早く食べると満腹感を感じる直前まで余計に食べてしまいます。

⑥ 何かしながらの間食

テレビを見ながら、パソコンをしながら、ゲームをしながら、電話をしながら、運転をしながらといったスタイルの食べ方はエネルギーを消費することなく、ドンドン蓄積していきます。

⑦ 食事を抜く

食事を抜く事で、空腹をいつもより強く感じます。 特に夜に近い食事であるほど栄養吸収が高まっているので、朝食なし夕食ありは太りやすいです。

⑧ 頻繁なファストフード通い

料理をする時間がないからといってファストフードに頼ってしまうと、体重を増加させる原因になります。 飽和脂肪が高く繊維質の低い食事では、栄養は脂肪へと変わりやすいのです。

⑨ 感情を食事でコントロールする

お腹が空いたからイライラしやすいのは自然な状態ですが、過剰に食べたり飲んだりする習慣がある人の3/4が、ストレスが溜まり続けるのを発散する為と言われています。

⑩ 暇で退屈な時間が多い

更に感情よりも退屈で食べる量が増える人が多い事が明らかになっています。いつも食べ物が近くにある環境では、ボーッとしている時間は何か食べてしまう癖があるようです。

⑪ テレビを見る時間が多い

1日にテレビを30分見る人と120分見る人では、120分の人の方が体重が増加傾向にあります。殆ど動かなくても良いので、新陳代謝などが低下して消費カロリーもガクンと減ります。

⑫ 体重を頻繁に計測しない

ダイエットする人で毎日体重計に乗る人は5.4㎏痩せたのに、体重計に乗らない人は約1.8㎏しか痩せなかったという調査結果がアメリカの大学であったそうです。常に体重もしかり、カロリーを意識するのは効果大のようです。

⑬ 太った友人を持つ

太った友人、兄弟、パートナーを持つ事によって、自分が肥満になる可能性は37~57%も上昇する事が12,000人の32歳以上を調査した結果わかりました。食事による摂取カロリーと運動による消費カロリーが似てくるという事です。

これら13個全てに「NO」と言えるようにすれば、ダイエットに成功しそう!!

心掛けてみたいと思います。

ダウンロード

卵で美肌を!

今回は東加古川院メディカルアシスタントが担当します。

私は卵が大好きで毎日食べているのですが、身近な食材ながら意外ととれていない食材が卵らしいです。

そんな卵は美肌、美髪になれて、さらにダイエットやアンチエイジングにも効くミラクルフードであることを

ご存知ですか?

◆驚くべき美容パワーは良質なタンパク質にあった!

体内で働くタンパク質は5万種類以上ありますが、元を正せば、わずか20種類のアミノ酸が組み合わさって

できています。アミノ酸のうち体内で合性できないものは9種類。それが必須アミノ酸といわれ、全9種類がバランスよく揃っていないと体内でタンパク質に合成されず役に立ちません。卵にはその必須アミノ酸がバランスよく含まれているので、良質なタンパク質元といわれるのです。

また成人女性が1日に摂りたいタンパク質は50gと言われていて、卵1個(60g)にタンパク質が約6.3g含まれているので、1日に必要なタンパク質の約13%を摂取することができます。

◆卵のもつ美容効果

①美肌をつくる

タンパク質は肌をつくり、肌ダメージを回復させる効果があります。また卵には美肌をつくるビオチンや女性ホルモンの材料になるコレステロールも豊富に含まれているので美肌効果が期待できます。

②美髪をつくる

髪の約95%はタンパク質で構成されています。タンパク質は熱やパーマ剤で変化しやすく、傷みやすいので健康で美しい髪は育てていくことが大切です。美しい髪を育てるために髪の主成分であるタンパク質は欠かせないものです。

③やせ対質をつくる

タンパク質は筋肉を作るのに欠かせないものです。タンパク質不足になると筋力が落ち、代謝が落ちてしまうため、脂肪を燃焼しにくい体になってしまいます。食べ痩せを実現するには良質なタンパク質を摂り筋肉をつけて代謝を上げることが大切です。

④アンチエイジングに効果的

身体はタンパク質の塊です。いつまでも健康で若くいるためには、身体を作る良質なタンパク質をきちんと摂取することが大切です。卵は鉄や亜鉛などのミネラルも豊富なので、貧血予防や冷えの改善にも役立ちます。

細胞つくりの種にもなる葉酸も含まれているので、アンチエイジングにはぴったりの食材です。

 

卵のパワーをもっとも効果的にとり入れるには、卵を夜ご飯に食べて睡眠時間をたっぷりとること。22時から2時に成長ホルモンが分泌され、肌の再生が盛んに行われます。

料理の仕方で卵から吸収できる栄養素も変わります。

◇生卵

身体の代謝を促したり、疲労を回復するビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は熱に弱いため、加熱せずに生卵で食べた方が効率よく摂取できるといえます。しかし生の卵には皮膚や健康を保つために欠かせないビオチンの吸収を阻害する「アビジン」が含まれています。不足すると肌が荒れたり、白髪が増えたりする恐れがあるので、一度に生の卵白をたくさん食べることはお勧めできません。

◇半熟卵

卵白に火が通った半熟卵なら、アビジンの影響がなくなり、ビオチンを通常通りに吸収することができます。また、半熟にすると体内への吸収率が96%になりますから、消化もよく栄養を十分に吸収できるため、風邪や体調不良時の栄養補給にも最適です。ビタミンB群の損失も最低限に抑えることができます。

◇完熟卵

完熟卵も完全に火が通っていますから、ビオチンの吸収を阻害しません。また、卵黄にも火が通っているため、腹持ちが良くなり、雑菌の繁殖を抑えることもできます。しかし完熟卵はタンパク質が硬くなっているため、消化が悪いというデメリットがあります。胃腸が弱っている時は、完熟卵の食べ過ぎに気をつけましょう。

朝食から夜ご飯まで、様々な料理方法で活用できる卵。食べ過ぎるとかえって身体の負担になってしまうこともありますが、美容、健康それぞれをキープするためにも、ぜひ積極的に卵を食べてくださいね。

湯谷

今週のお花

皆様こんにちは。

明日はいよいよバレンタインですねd(^^)

お菓子作りに励む方、専門店のお菓子を買いに行く方様々ですね(^^)

当院の近くにある大丸では、バレンタインイベントが開催されています。

見て回るだけでもワクワクします。

さて、今週のお花です

2019-02-13 16.54.50

*メイン*

*啓扇桜

 

2019-02-13 16.54.36

*サイド*

*絵になるパンジー

ご来院の際は、是非ご覧くださいませ